メインイメージ画像

安心安全な日本の食を改善していくために厳しい目が必要です

グルメ番組等が全盛ですが、改めて大切さが求められているのが食に関することです。以前から日本の食に関しての意識は高いものがありました。日本産の食材は安心安全であると言われてきました。

しかしながらこのイメージも今では崩されようとしています。国内メーカーの食に対する背信行為が続いています。メーカーとしては国内であってもその多くは中国やアジア圏からの輸入が多いのが実状です。

しかし、そこで異物が混入されていたり、腐ったものが使用されていたりとずさんな管理が明らかになっています。いくら国内で厳しいチェック体制で確認していても海外ではいい加減な検査体制がとられているのですから救いようがありません。そのようなメーカーに食の安心安全を言う資格はありません。

さらに国内の工場でもいろいろな問題が起こっています。食品の製造ラインというのはクリーンルームと呼称される無菌に近い状態のところで作られるのが普通だと思っていました。それにもかかわらず実際は虫の混入やあり得ないことが続いているのです。

これもやはり徹底が出来ておらず、安心安全という当たり前のことをおろそかにしてしまったことから起こった必然の出来事です。人が関わったものもあります。製造ラインに毒物を持ち込んで無差別な拡散を狙った事件です。しかし、元々は毒物を持ち込めるという状態だったことが大きな問題であり、製造工場内の管理が徹底されていないのがすべての原因です。

こうした多くの理不尽なことが起きていますが、やはり起こした企業というのは失脚していっているのが実情です。食に関わっていくのであれば安心安全というのは当然のことです。

作り手が真剣に考えないでいいものが作れるわけがありません。消費者である我々も同じぐらいに食に対し安心や安全を追求していかなければなりません。我々が厳しい目を持つことによってそれを満足できるものを準備するのが企業には義務付けられてきます。こうして昔の日本と同様に食の安心安全が改善していくのです。お互いに厳しく思っていきたいものです。

更新情報